初心者に多い失敗「申し込みブラック」に注意!

初心者が思わずやってしまうキャッシングでの失敗


キャッシングやカードローンを利用する際に「知らないと思わずやってしまう失敗」を紹介します。
必ずそうなる訳ではないのですが、知っていないと回避できないので是非理解してください。
それは俗に言う「申し込みブラック」と言うものです。

信用情報がブラックリストに載るということ

ブラックリストにのる、と言った表現は良く耳にしますが実際にそのようなものが存在しているのかは信頼に足る情報の無いものです。
しかし、敢えて言うのであればそれに類するものの一つに「信用情報機関」と言うものがあります。
これは各キャッシング会社やローン会社、銀行など様々な信用取引を取り扱っている会社が加盟している個人の信用情報を収集・保存している機関です。
全て同じ信用情報機関に属していると言う訳では無く、いくつかある期間の一つもしくは複数に加盟し、情報を入手しています。
この情報は加盟している企業であれば「共有することができるもの」であるため、万が一審査に関して不利益な情報が登録されてしまえば、当該キャッシング会社のみでなく加盟しているすべてのキャッシング会社で審査を通過することが非常に難しくなってしまいます。
この状態をブラックリストにのると表現することができます。

多重申し込みもブラックリストに載る

さて、申し込みブラックに関してですが、ブラックと言う表現がついている事から基本的に仕組みは上で説明したものと同じです。
「不利益な情報」にあたるものが「情報照会履歴」です。
キャッシングの申し込みを行うと、会社はあなたの情報を信用情報機関に照会します。
その結果、問題が無ければ次の審査へと進むのですが、実はこの「情報を照会した」と言う事実も情報機関に登録されます。
その際の審査で融資が決定すれば問題ないのですが、万が一審査に落ちてしまい他社へ申し込みを行うことになるような場合、同様に情報を照会すると「すでに最近照会されている」と言うことがバレてしまい、審査に落ちたことを知られてしまいます。
そうなると余程の理由でもない限り敬遠され審査通過が難しくなります。
このような状態を「申し込みブラック」と呼び、初心者が陥りやすいキャッシングでの失敗の一つです。