キャッシングのカードを複数枚作る方法

複数枚申し込みの障害を理解しましょう


総量規制や信用情報などの制約によって、複数枚のカードを作成するためにはそれに見合った年収や属性の確保が必要となってきます。
すでに条件を満たしているのであれば問題はありませんが、必要になったからと言ってすぐに条件をクリアー出来るものでもありません。
その為、事前に下準備をしておくことが非常に大切です。
キャッシングの申し込みに関して、障害となるポイントはいくつかあります。
自身の年収は総量規制に影響しますし、債務の総額や信用情報も審査に影響してきます。
つまり、この障害を如何にクリアーするかが大切です。

年収の三分の一という総量規制の回避方法

まず総量規制・債務総額に関してですが、この問題を解決することは非常に簡単です。
つまり、債務総額が少なければ総量規制に該当する可能性も低くなるため、ポイントは債務を増やさない事「借り入れを行わない」です。
現実に債務がゼロに近ければ近いほど審査に与える影響は低くなってきます。
端的に言うと「カードを所持しているだけ」の状況では、審査には影響が殆んど無いと言うことです。

申し込み時に信用情報をきれいに保つ方法

次に信用情報に関してです。
例えば債務の総額はどのくらいか、今までの取引履歴は健全で事故が無いかなどが審査には影響を与えます。
これに関しても現実に履歴が皆無であれば影響も最低限のものとなります。
つまり、カードを所持している「だけ」の状態では影響はほとんどないと言うことです。

短期間の多重申し込みには注意!

しかし、注意するポイントがあります。
それは「申し込みをするタイミング」です。
審査の合否に関わらず、短期間のうちに申し込みを繰り返してしまうと、どこの審査にも通らない「申し込みブラック」と言う状態になってしまうことがあります。
このリスクを避けるためには申し込みを極短期間(時間単位)で行うか、一定期間ごとに長期的に行うかとなります。
以上の内容をまとめると、リスクを少なくカードを作成するためには時間が必要となるため、必要性の如何に関わらずカードを定期的に作製していく事でリスクを減らしカードを増やすことができると言う訳です。